【高機能FX自動売買ソフト付】FXピボットで楽チン・簡単トレード 業界最新!毎朝5分 1月の波乱相場でもトータル+639pipsの利益 なんと5万通貨トレードで32.5万円勝ちました!ロジック完全公開!

賢い売り方、買い方

普通の人ができることで儲ける!

月に150万円を安定的に稼いでいる個人投資家が投資セミナーを開催。
報告レポートは「一番肝心な賢い株の売り方、買い方」

(以下、トレーダーズブログ松井宗則松井宗則氏のセミナー内容から抜粋)
具体的な投資戦略ポイントの一番最後、「どのようにして損切りとトレイリング(利益を追求しながらも利益確定すること)をするのか?」です。
これも考え方は一緒です。
普通の人が出来ることをして利益を出すのです。

では、トレイリングにおいて普通の人には出来ない難しいことは何か?ということですが、これは「最大利益の頂点で利益確定をすること」です。
これは難しい、というより毎回確実にコレをすることは神様でもない限り不可能です。
したがってこの方法を追求するのは無意味なことです。では、普通の人にでも出来ることは何かというと、トータルの売買で「総損失<総利益」とすることです。

これはロスカットとトレイリングストップ(利食い)の技術を磨くことで可能です。
プライドをかなぐり捨てて、粛々とロスカット!
では、ロスカットの実際のやり方ですが、具体的な方法を箇条書きにしてみます。
・リスクとリターンに見合わせて設定
・特に理由がなければ2〜3%に設定
・設定した以上、逆指値を使ってでも必ず守る
ざっとこんなところです。
現在のところ2〜3%が一番適正な値と思っておりますが、こちらは今後、より良い方法を見つけ、変化する可能性があります。
一番肝心なのは、設定した以上、逆指値を使ってでも必ず守る(例外はなし)ことです。
当然、ロスカット直後に上昇するケースもあるわけですが、トータルでの利益安定を優先に考えて、悔しがらないことです。
これを達成できれば損失が限定でき、投資を有利に進めることができます。
最大利益の半分で必ず利益確定!

次にトレイリングストップ(利食い方法)についてですが、こちらもまずは具体的な方法を箇条書きにしてみましょう。
・基本的にはロスカットで設定した幅以上で利益確定するため、まずは最大限の利益を目指す
・しかしながら、道中で最大含み益の50%(半分)まで下落してきたら、利益極限化を一旦あきらめて利益確定する
・30%以上含み益が出て、過去最大級の出来高で急騰後、出来高が半減したときも利益確定

こちらで一番肝心なのは最大含み益の50%(半分)まで下落してきたら、利益極限化を一旦あきらめて利益確定するということを機械的に行うことです。

通常、人間の心理的には「再度高値に戻すのではないか?」と思ってしまい、一番売りにくいところですが、ここで機械的に売って、しっかり利益を確定することです。
利益確定後、さらに上昇するケースもあるが悔しがらないこと。利食い万人力といいますが、それを地で行きます。

以上が松井式トルネード投資法の概略です。
もちろん、細則や経験が必要な部分もありますが、これをきちんと履行するだけでも投資成績は見違えるように変わると思いますので、是非、参考にしてみてください。・・・

非常に参考になるレポートですね。
「逆指値を使ってでも損切りする」はしびれましたね。やはりこれに尽きますか・・
allaboutより

松井宗則氏プロフィール
大阪出身
商社マンとしてフランス、米国へ。
ウォール街である証券マンと知りあい、2002年から米国株投資を始める。
帰国後、グローバルリンクアドバイザーズへ入社。日本株、中国株、米国株でトレード中。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。